女性から返事が来ないときはテクニックを使う

メールを返信してもらうには

女性との出会いを求めて出会い系サイトに登録したものの返信が全くないと嘆いている男性はたくさんいるのではないでしょうか。

出会いを主として出会い系サイトに登録したはずなのに、なぜこんなに男性の情熱と女性の熱意の間に差が開いてしまうのでしょうか。

実は女性は出会い系サイトの中では男性に返事をしたくてもできないという状況に置かれているのです。

それを知らずにメッセージをひたすらに送り続けてもほとんどが返信してもらえずイライラが募る一方です。

当記事では女性が男性に返信できない理由を解説して、そのあとで返信してもらえるテクニックを解説していきたいと思います。

例えば、私の知人女性の話ですが、有名出会い系サイトにプロフィールを掲載したら、その日のうちに数十通もメールが来たそうです。

さすがに多すぎるメッセージが届いたのでプロフィールを変更したそうですが、それでも20通以上届いたそうです。

出会い系サイトにおいては、女性は貴重な存在として男性からのお誘いが殺到します。

もしあなたが女性だったとして、毎日50通以上も送られてくるメールに返信できるでしょうか。

一通当たりのメールを数分で終わらせたとしても2時間以上かかるのですが、これを好きでもない初対面の男性相手にやるでしょうか。

私が女性だったらそんな無駄な労力を使わずに、自分のタイプの人をみつけて自分の情熱をアピールすると思います。

これが記事の冒頭で記述した女性が男性になぜ返信できないのかと言うことです。

女性は男性からのメールが多すぎて、単純に返信できていないと言うことです。

まず女性の目にとまらなければどれだけ情熱を込めたメールを送ったとしても返信してもらえません。

返信率の高いメールの書き方

出会い系における女性側の事情がわかれば、適当なメールを送ろうとは思いませんよね。

ではいったいどういうメールを送れば女性から返信してもらえるのでしょうか。

まず自己紹介をする

ありきたりですが、まずは自己紹介をしないと相手にしてもらえる可能性が低くなります。

相手に好印象を抱いてもらうコツとしては自分の名前を本名で伝えると言うことでしょうか。

本名を漢字で伝えることにより、相手に好印象を持ってもらうのと同時に信用もしてもらえます。

さらに、名前を知ってもらうことにより、呼び捨てで呼び合ったりすることにより、よりいっそう仲良くなりやすくなるツールとして機能してくれます。

そのために、先に自分の名前を知ってもらうことで、自分のことは○○ってよんでね!と伝えることができます。

なぜその女性にメールを送ったのか

出会い系サイトを始めたばかりの人は、プロフィールを閲覧していて、気になった人に、プロフィールが気になりました!なんてありきたりなメールを送ってしまいがちです。

プロフィールの具体的に何が気になって、自分の中の何に共鳴したのかをきちんと書いて相手に伝えれば、他の人にはない具体的なことを書いてもらっているので、相手の印象に残ることができます。

まずは相手のプロフィールや自己紹介覧をみて、何が気になったといえば、相手の心に響くのかを書くようにしましょう。

具体的に何が気になったのかを書くときは、職業などがよく話題にしやすいですが、他の人も話題にしているので、あまり相手の心に残ることは少ないでしょう。

なのでここでは拾える限り自由な発想で相手のプロフィールをみて、いろいろな話題を考えましょう。

もし自己紹介文から、相手の心に響くような情報を拾えなかったら、相手のプロフィールの画像をみてもアイデアを拾うことができます。

肌が綺麗だとか、服のセンスがいいだとか、普段言われないようなことをあえていってあげることにより、すごく喜んでもらえますし、相手の印象に残って返信してもらいやすくなります。

もし相手の自己紹介などから話のネタを拾えなかったら、相手の画像をみたときに、インスピレーションを感じた!なんてのも相手の印象に残りやすい話題になります。

最後の一行が返信率を上げる

皆さん適当に書いてしまっているのが最初のメールの最後の一行です。

よかったらメールしましょうとか、メール待ってますとか、一般常識的な言葉としては普通ですが、出会い系サイトの使い方としてはあまりよくありません。

なぜなら、こう言った適当な言い方で最後の一行を締めるというのは、女性の返信を促すような文章になっていません。

女性がわからしたらメールの内容も重みがなくてなんてことないメールだし、なんでこんなやつにメールを返信しなきゃいけないのかと思われてしまうでしょう。

また、人間というのは基本的に他人はあまり関心がなく、自分にどれだけ興味を持ってもらえるかということに興味があります。

つまり、丁寧なこりにこった文章を送ることにより、相手に、自分の熱意が伝わって返信してもらいやすくなると言うことです。

こういった感じで相手の心を揺さぶることにより、ファーストメールの返信率を格段に高めることができます。

ファーストメールは短めに

出会い系のコツなどの記事で、ファーストメールは文字数をなるべく多く書くということを書いている人がいます。

長文メールに返信してくれるということは出会いやすい女性と言うことですから、フィルターの役割にはなりますが、そもそもたくさんの女性に送らなければならないので効率が悪いテクニックだといえるでしょう。

そもそも長文メールに返信してくれるよりも、第一印象で引かれてしまう可能性も高くなります。

それにすべてのメールの文章を長文のメールにしていたら、どれだけ時間が合っても書き切れないでしょう。

ファーストメールの文章は短くても長くてもだめで、シンプルに複雑にならないように、言いたいことを簡潔にまとめることが大切です。

出会い系サイトのメールテクニック

ファーストメールのテクニックと併せて、出会い系での全般的なコツとして以下のようなものがあるので参考にしてみてください。

すべての項目で当たり前のようなことを書いていますが、その当たり前のようなことを自然に実践できる人が本当に出会い系サイトを使いこなせる人です。

なので、当サイトの記事を参考にして、ライバルを出し抜くテクニックを身につけて、いろいろなコツを身につけてください。

丁寧な言葉遣いをする

丁寧な口調と言ってもお客様みたいな感じに扱う必要はありません。あくまでも男女の間の丁寧さでかまいません。

今のこの記事内容くらいの丁寧な口調でかまいません。

もちろん仲が深まってきて、気の置けない中になってきたらため口なども取り入れればさらに仲良くなれると思いますが、最初っからなれなれしい言葉を使っていてはスルーされてしまいます。

そもそも一般社会常識的な礼儀の言葉遣いもできないような人は、返信もしてもらいにくくなるので、言葉遣いというのはリアルな社会でもネット社会でもとても重要です。

なので、少なくともお互いの距離感が縮まるまでは、丁寧で親しみの持てる言葉遣いを心がけるようにしましょう。そうすることにより、相手に尊敬してもらいやすくなります。

コピペはしない

ファーストメールでもそのあとのメールでもそうですが、コピペメールは送らないようにしましょう。

誰にでも当てはまるような文章をあらかじめ作ってそれをコピペしてたくさんの相手に送っても文章からありきたりな文章でばれてしまいます。

機械的な文章は中身がないので、コピペメールだと言うことが何となくわかってしまいます。

少しでもコピペメールだと思われたらその女性から返信が来る可能性は少ないでしょう。

せっかく文章を書くのですから、時間を無駄にしないためにも相手の心に響くような文章を書きましょう。

相手の名前を書く

相手の名前を呼ぶことで自分に対して親近感を感じてもらえるようになります。最初の3通くらいは相手の名前を出して距離を縮めるようにしましょう。

デメリットとして、相手の名前を書きすぎると不自然さがでて、狙っている感が出てしまうので注意が必要です。

相手の興味を聞く

出会い系サイトだけの話ではなく、日常生活全般にいえることですが、上手な質問をすることによって相手に気持ちよくいろんなことを話してもらえます。

そのために相手の興味がありそうな質問を探す必要があるのですが、相手がどういうことに反応するかというのをみる必要があります。

以下の質問はだめなれいです。○○さんはフレンチ好きですか?

男性側の思惑で言えば、パスタが好きです。とかえってきて、じゃあ今度パスタにいきましょうという流れを想像していると思います。

この会話は、機械的で感情があまりはいらないので、あまり面白い内容ではないですよね。

女性側からしたら、このパターンで食事の誘いを受けたことなんて過去に何十回も会ったと思うので、何もおもしろみがないのです。

いい質問形式というのは、自分の体験談を織り交ぜながら質問をしていくと言うことです。

送信時間を一定にする

二通目以降のメールはメールの文字数や送信間隔は相手の様子を見ながら合わせていくと、共感をもってもらいやすく、好意を抱いてもらいやすいです。

例えば、相手が5行くらいのメールだったら、こちらも4,5行くらいのメールの文章量にすることにより、いい印象を抱いてもらいやすくなります。

他にも相手の返信スピードに合わせるというテクニックもあります。相手と同じくらいの返信スピードで返信することにより、一体感が生まれます。

ですが、文字数にしてもメールの返信ペースにしても相手に合わせすぎると狙っている感がでてしまうので、ほどほどにしましょう。

楽しいときにあえて中断する

お互いの情熱がつきるまでメールをやりとりする人がいますが、あまりよろしいことではありません。

これはなぜかというと、楽しさのピークがすぎてしまったので、次のメールにつながりにくいからです。

最初はすごく楽しさ全開だったけど、段々話す内容もなくなってきて、あきちゃったと思われてしまうと次のメールがモチベーションが続かず尻すぼみになってしまいます。

マンネリ化を避けるためには、楽しいピークの時にあえてやりとりを中断するというテクニックがあります。

明日仕事で朝早いからとかもっともな理由を付けておけば、簡単にメールを中断することができます。

サイト内でのやりとりから直接やりとりに切り替える

出会い系サイト内でのメールは短期間で終わらせて、お互いのプライベートなアドレスでやりとりすることがテクニックです。

男性がメールの一通当たりに対してお金がかかっていることを知っているので、個人的なアドレスでやりとりしてくれやすいでしょう。

なので、この人なら大丈夫だと思ってもらえたら、直アドでのやりとりにも快く了承してくれると思います。

何通もやりとりしているのに、直接やりとりに移行してくれないときは、あまり自分のことに心を許してくれてないということでしょう。

女性からしたらインターネットを介した顔の見えない相手とのやりとりは常に不安を感じているものです。

段々仲良くなれたら仲良くなりたいけど、すぐに会いたいすぐにあってくれなんていってくる男は下心しか見えないので不信感を抱かれてしまいます。

なので、あわてず女性の心をすこしずつ開いていかせることが大切です。

以上のことを踏まえて女性とのメールをするだけでかなり女性に好印象を持ってもらいやすいです。

さらに、そこから返信率がよかった女性に積極的に返信することにより、さらに返信率を上げることができると思います。

女子大学生

女子大生と主婦はそれぞれ違った理由でメールの返信率が高い傾向にあります。

女子大生は好奇心がたかいので、何でも経験してみようと思って返信率がたかいという結果に結びついています。

また、若い子は他人に嫌な人間だと思われたくないという気持ちが大人に比べて強い傾向があるので、そういう理由から女子大生は非常に狙い目となっています。

そして主婦ですが、主婦は需要と供給が一致しているという点があります。女性であれば誰でも異性からみられたいという欲求が強くあります。

ですが、結婚して家庭に入ってしまうと女性としてちやほやされるどころか女性としてみられる機会も少なくなってしまうので、男性に異性として意識してもらうだけで飛び上がるほど嬉しいのです。

そもそも家庭を持っている主婦が異性との交流を求めて出会い系サイトに登録している時点で、ちやほやされたいという欲求があるので、簡単に落としやすい対象といえるでしょう。

夜遅くにサイトを使っている人

朝8時くらいに起きて出社して仕事から返ってくるのが夜7時くらいだとすると、21時以降というのは、個人的な暇な時間帯です。

好きなテレビや録画しておいた映画を見る人もいれば、ゲームをしたり、自分の趣味の時間に費やす時間帯です。

そんな仕事がせっかく終わって一日の最も大切な時間だといえる余暇の時間帯に、出会い系サイトにログインしている女性というのはどういう存在でしょうか。

もちろん人それぞれの趣味嗜好はありますが、共通点としては真剣に出会いを探している女性ということがいえるでしょう。

そういう真剣な出会いを探し求めている女性に、しっかりとした文面のメールを送れば高い確率で返信してくれると思いませんか。

また人間としての本能として、夜の行動は本能的なものになるという心理学的なノウハウがあります。

昼の時間帯だったら、ブレーキがかかるところを、夜の行動であれば、本能的に行動してしまいやすいという特徴があります。

以上のような理由から夜21時以降は、まさに男女のゴールデンタイムといっても過言ではないでしょう。

共通点を探す

似ている職業だったり、出身地が近かったりなど、あなたと女性との間に共通点が多ければ多いほど、相手の返信率が高くなります。

その地域の人にしかわからないようなお店やcmなどの話はとくに盛り上がりやすいです。

そして、それは出会い系のやりとりでも重要なテクニックなので、あなたと女性との間に共通点を見つけたら、このテクニックを使うチャンスです。

相手を思い通りに操るテクニック

出会い系サイトでのやりとりに限らず、自分の思い通りに相手の会話を誘導できたらとても使えるテクニックだと思いませんか。

ですが、それが簡単に使えて誰でも実践できるテクニックだとしたら、あなたもすぐに身につけたいと思うはずです。

相手の会話を誘導するテクニックのコツとしては、返しのパターンを準備しておくことが大切です。

例えばメールの中で相手の名前を聞いたときに、相手がすぐに教えてくれるときと、不信感を抱いて教えてくれないときがあります。

このとき素直に教えてくれなかったからといって、テンパってしまったりすると、せっかく構築した関係が崩れてしまいかねません。

しかし、相手の返信に対して、思いつく限りのパターンを用意しておけばどんな変事が起きても余裕を持って返信することができます。

そうすれば相手がどのような反応をしたとしても、最終的にあなたが導きたいポイントまで持ってくることができるはずです。

実はこの手法はビジネスシーンなどではよく使われているテクニックで、誰にでも使えるテクニックです。

相手と仲良くなりたいという気持ち

上記までいろいろな男女の恋愛に関するテクニックを紹介してきましたが、あなたが身につけたいテクニックを身につけることができたでしょうか。

ただ、ここまでいろいろな情報を紹介しておいていうのはなんですが、純粋にあなたとお話がしたい!という強い思いがあれば相手に伝わるので返信率が上がります。

それはなぜか?女性と自分の相性も千差万別ですし、文章も多様なので、このパターンがいいなんていうのはないからです。

自分でもよくわからないのですが、どうしても相手とつながりたいという思いがあれば、相手からの返事もいいものになります。

ある程度仲良くなって、直アドでやりとりをするような段階になると、ある程度相手の女性をゲットしたというような気持ちが出てきて、ついつい横柄な胎動になりがちですが、最後まで態度に気をつけましょう。

直アドをゲットしたからといって、自信過剰にならずに、最後まで謙虚な姿勢で大切に扱いましょう。

返信率が高くなる文章というのは存在しますが、理屈にばかりこだわらずに、人間的な部分を大切にしましょう。

出会い系でいろいろなテクニックよりも、本心からでてくる相手のことが好きという気持ちが何よりも大切です。

だからこそ出会ったときに楽しいひとときを過ごせると思いますし、幸せなカップルになれると思います。